メンテナンス

  • HOME »
  • メンテナンス

シャッターのメンテナンスについて

建築物に設置されたシャッターは、正常に作動しているからといっても安心はできません。無理な使い方をしたり、手入れをせずに酷使したりすると正常に機能しなくなることがあります。

特に電動シャッターには数多くの消耗部品が使われていますので、万が一の故障に備えて年1回以上の保守点検の実施をお奨めいたします。

 

点検時のチェック内容

 

 名称

 点検箇所

 点検作業内容

 スラット  スラット  変形、損傷、片寄り、異常音の有無
   吊元  変形の有無、セットボルトの緩み
   水切  損傷の有無
   押し車  損傷の有無、回転状態
 レール  レール  変形、溝幅の確認
 ケース  ケース  変形、点検口の確認
 開閉器  減速機  油量の適否、回転時の異常音
   モーター  回転時の異常音の有無、発熱状態
   ブレーキ  作動状態、ライニングの磨耗状態
   手動装置  テンションの良否、手動用チェーンの操作状態
 伝導装置  ローラチェーン  テンションの良否、ジョイントリンクの確認
   スプロケット  キーの状態、芯振れの有無
   巻取りシャフト  回転状態、シャフト片寄りの有無
   ブラケット  アンカーボルトの緩み、溶接状態の確認
   軸受け

 回転状態とブラケットのセット確認、

ボルトの状態確認

 電気部品  制御盤

 制御盤の損傷・接続端子の緩み確認、

サーマルリレーの容量確認、

ナイフスイッチのヒューズ容量確認、

マグネットスイッチの作動状態

   リミットスイッチ  ローラチェーンのセンター、テンションの良否確認
   ソレノイド  作動確認
   安全スイッチ  作動確認
   押し釦スイッチ  作動確認、施錠確認、ボタンの押し具合確認
   二次配線  配線状態、絶縁測定(ソレノイド、モーター)

!警告

シャッターに異常がある場合は、弊社または販売店にご連絡ください。不用意に手を触れると大怪我をすることがあります。

PAGETOP
Copyright © サンキョーシャッター株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.